FANDOM


Terraは太陽系に次ぐ第二ないし最大の経済や文化の中心といっても過言ではないだろう。四つのジャンプポイントの中心に位置するこの星系は銀河じゅうから様々な物資が行き交い、特に酸素を含む大気を持つスーパーアースTERRAⅢを中心に大都市圏を形成している。現在は大企業もだんだんテラに本社を移しつつあり、若者のカルチャーもここから受ける影響が増えている。総体的に見て、テラは地球の作り出した最大のライバルと言えるだろう。

歴史 編集

テラ星系(当時は342A)は2508年に最初に観測され、2516年に行われた長期探索プログラムによって探検された。この星系の三つ目の惑星の画像が初めて送られた時、観測隊は宝に当たったことを悟ったことだろう。この惑星が自然発生したテラフォームのいらないスーパーアースということとともに未開の地球そっくりだったからである。自然資源も申し分なくあるこの惑星の開拓の大切さは自明である。探索から2年の範囲で7つ以上の移民船がこの星系に送られた。

天体物理学者はこの珍しい星系を自分の目で見るために我こそはとこの星系に急いだ。一つにはこの星系の独特の位置関係からたくさんのジャンプポイントが集まる地点であることが推測されたからだ。二つにはこの惑星の太陽が太陽系の太陽と同じG型主系列星であったことと、外側の惑星群が完全に形成されなかったことである。特に外側の惑星にガス惑星がなかったことにより前者のジャンプポイントが多いだけでなくとても安定したポイントがあることも予想された。現時点ではこの星系には5つのジャンプポイントが乗る入れており、科学者達は6つ目の存在はほぼ確定していると提唱している。

惑星 編集

AERO 編集

エアロは星系の太陽に極めて近い岩石の塊である。特定の資源には富んでいるが太陽との距離の関係で採掘は困難であり、一番耐久度が強い宇宙服でもこの惑星内では95分間の活動制限が課せられている。

PIKE 編集

パイクにおける採掘事業は現代技術の結晶とも取れるだろう。銀河の中でも五本の指に入る量の鉱物資源を採掘するためにこの惑星には無人の都市が点在しプラチナ、水銀、鉄、金などを全自動で掘り出している。エアロより太陽から三倍離れているにも関わらず長時間の惑星内活動は困難である。しかし、天気が存在しないので機械による効率的な採掘には適している。そのためパイクにおける鉱業は星系の経済を支えている。

TERRA 編集

テラはこの星系の名付け親の惑星であると同時に地球と環境がとても似ている。酸素ベースの大気やそこにしかない植生、広大な海などが類似点として挙げられる。現在(2947年)では環境が完全に破壊されてしまった地球を反面教師にテラでは環境を傷つけないように様々な配慮が都市計画になされている。

GEN 編集

この惑星はテラに大きな影を落とされているため、印象は薄いが立派な居住可能惑星である。GENはテラがテラフォームされた1世紀後にテラフォームされ、この星系の外交や軍事的な側面を担っている。この惑星の土地は主に軍事基地、帝国政府関連施設のために使われていて星系のインフラ計画時の娯楽と経済の分離がうかがえる。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki