FANDOM


概要 編集

この星系は科学的な見地から見てとても突出しています。居住者が良く自慢する四つの居住可能な星はそんじょそこらで見ることは出来ないでしょう。平たく言って、STANTONほど居住可能な星が多くある星系は存在しないのです。

ところで、Stantonはとても珍しい星系でもあると同時に巨大企業の欲の象徴でもあります。これらの組織のために都合よくテラフォームされた四つの美しいスーパーアースはそれを物語っているでしょう。

歴史 編集

誰がSTANTONを発見し始めにどのような人が住み着いたかははっきりと分かっていません。しかし、様々な物証によるとアマチュアのトレーダーが発見したということが示されています。しかし、そのような情報は公的な場面には滴り落ちるようにしか伝わって来ずUEEが正式に調査団を派遣する頃にはこれらの星にはもう住民が数十万単位で住み着いていました。

先程も紹介した通り四つのスーパーアースはとても珍しいことであったためUEEはすぐに政府管理地とするお触れを出し、全般的な整理を始めました。

この星系は搾取できる資源が豊富にありましたが、当時帝国政府は苦しい状況にありました。100年近くノンストップで行われてきた惑星開発が翳りを見せ始め、経済は不況に陥っていたのです。帝国はSTANTONに必要なテラフォーミングを行い、その後何十年か放置しました。その後、政府はシンスワールド構築の資金調達の一環としてSTANTONを巨大企業にオークションに出すことを決定しました。何百億、何兆単位の金が動いたとも言われています。惑星達を落札した企業は:Microtech, Hurston Dynamics, Arccorp, そして Crusader Industriesでありました。これらの大企業は想像力に満ち溢れる心で落札した惑星を Microtech, Hurston, Arccorp, Crusader と名付けたのです。

これらの企業は最初はもともと住んでいた人々を追い出さない方針でしたが、時が経つにつれて原住民達はどんどんフェードアウトしていきました。現在これらの惑星は工場、射撃場、採掘場、企業本社、企業施設などが点在しています。住人もほとんどがこれらの企業に勤める社員や労働者で彼らは整理された計画都市に住んでいます。

銀河で一二を争う大企業の製品に興味がある人や、これらの企業が必要な物資を運搬したい人はSTANTONを訪れることが勧められています。

惑星 編集

Stanton I: Hurston 編集

軍需品や武器の製造に使う、鉄鉱石やその他の資源がここで大量に採掘されています。また、重工業によって惑星全体は深刻な汚染状態と化しています。

Stanton II: Crusader 編集

クルセイダーは原住民からは「CL」と呼ばれています。この星は低質量で呼吸が可能です。

Stanton III: ArcCorp 編集

ArcCorpは、工場、事業本部、金融と商業地区が盛んですが、その一方で地表の大部分は貧困者たちの住宅が占めています。

Stanton IV: MicroTech 編集

テラフォーミングの失敗で、不自然な雲が大気を覆い地表は凍えています。

小惑星帯 編集

スタントンシステムには、Aaron Haloという小惑星帯が存在します。これはCrusaderとArcCorpの間の軌道に位置しています。

ギャラリー 編集

S Stanton-HurstonDynamics Medium06

Hurston

Stanton-Crusader Medium07

CRUSADER

JStanton-Arccorp

ArcCorp

Ken-fairclough-ken-fairclough-microtech-lookfeel-concept-01-add-lighting

MicroTech

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki