FANDOM


United Times Archive 社説

西暦 2113 年4月21日 出版 

START FILE . . .
 

"いつ我々は彼方へ向かうのか?" 編集

記 ハニンガム・テレル

NewspaperCU2 Crop
 

先週、岩の影に隠れでもしない限り、あなたは RSI の最新の「成果」を聞いたことは間違いありません。

だから、私は岩の住人向けに要約してみましょう。

 彼らは「地球の雰囲気を処理して持続的な酸素環境に変換し、人間が居住できるようにする」機械を設計したと主張しています。要するに、彼らはテラフォーミングについて話しています。

うん、そうです、サイエンスフィクションの。

 私は誰もがこの機会に興奮していることを知っていますが、誰も息を飲んでこれが本当に意味するものを考えているようには見えません。

だからもう一度、このテクノヒステリーの中で、理性の声であることが私の責任です。

ああ、その通り。親愛なる読者諸君、私は誰も尋ねていない質問をするつもりです。

準備はいいですか?私たちが惑星を地球化改造することができたとして、どうするの?

一秒あげます。考えてみてください。もう一度言います。私は何かをすることができるからといって、それをしなければならないのでしょうか?

 私はSSNtvの専門家が私を楽しませてくれるのを知っています。私をテクノフィービーにしてもらえますが、私はこれを伝えたい。

私はクローニング活動には問題がありませんでした。

私は遺伝的な障害や病気を最小限に抑えるために遺伝子をコードすることにも問題はなかった。

これらのことは、人生をより良くするための成果でした。

これは何のため? 何を癒すため? 何をもって私たちはそれほど遠くへ行くのでしょう?

 真剣に、我々は惑星の空気を再構築することを話している。

 私たちが話している惑星は、そんな理由で再構築されるのです。

 宇宙は私たちに恩恵を与える惑星を形作ることを望んでいると誰が仮定するのです? 

 私たちは神ではない。惑星の主要な生地で遊ぶのは、傲慢で危険です。

 私はこれがおそらく豚の耳に念仏だと知っています。

 世界はあまりにも高く、私たちは壮大さを満喫していますが、私は約束します:

これはどこにも良いことではありません。

. . . END FILE

出典 編集

2113: When Do We Go Too Far? (公式サイト)