FANDOM


現時点(16/12/25)での購入方法について 編集

現在公式サイトでのみ購入が可能です。

Star Citizenはゲーム単体ではなく、船+ゲーム付きのパックを購入するスタイルになっています。(ただし、2017年発売予定のシングルプレイヤー版SQUADRON 42は単体で購入できる模様)

本ページは、とにかく今からアルファ版に参加したい!と言う人のために、最安値でα版から製品版まで遊べるスターターパッケージの購入ガイドと、各種パッケージの見方などを説明します。

スターターパッケージ購入ガイド編集

まず最初に、公式サイトでアカウントを作成します。

次に「https://robertsspaceindustries.com/fly-now 」へアクセスし、二つあるゲームパッケージのどちらかを選択してください。(45ドル)

この両者の違いは、汎用性があるAurora MRと言う船を選ぶか、戦闘向けのMustang Alphaを選ぶかです。好きなほうを選んで構いませんが、特にこだわりがなければ、Mustang Alphaを選ぶことをおすすめします。これは現行のVer.2.6ではまだ戦闘しかコンテンツがなく汎用性を取る意味が薄いからです。[1]

選択が終わると下に「Add SQUADRON 42 to your package」の欄が現れるはずです。

これは、シングルプレイヤー専用のキャンペーンモードが楽しめる「Squadron 42」を付属させるかを選択できます。(選ぶと15$プラスされます)以上を終えたら、後は購入するだけです。(個人情報入力画面の説明についてはここ

これでα版はもちろん、βや製品版を遊ぶ権利が与えられます!お疲れ様でした!

各種パッケージの見方 編集

スターターパッケージのAuroraやMastang以外にも、様々な船がセットになったゲームパーケージや、単体で購入できる船があります。

ここでは、それらパッケージの付属部分について説明します。

Star Citizen Wikia用図01.jpg

これはシングルキャンペーンとマルチプレイが入った、一番安いパッケージです。これを一つの例として、付属部分の見方を説明します。(見難かったらすいませn)

  • = 格納庫の事を指しています。主にハンガーモジュールで使用します。(ハンガーモジュールでは、機体などを設置しじっくり見物したり武装や設備をカスタマイズすることが出来ます)
  • = ゲームのマニュアルです。(それらしき物は購入した時について来なかったので、製品版での話?)
  • = ゲームスタート時に、1000UECから始めることができます。Star CitizenにはUECやRECといったお金の単位が存在します。
  • = Star Citizen本体です。これがあればアルファ版から製品版まで遊べます。
  • = これは、船本体の保険適用期間を示しています。まだ実装されてはいませんが、保険システムとは船が破壊された場合などに手数料を払えば再入手できるシステムの事です。この場合三ヵ月分の保険がついてきます。
  • = シングルキャンペーン専用のSQUADRON 42がついて来ます。


Star Citizenのα版に今すぐ参加したい場合は、「Star Citizen Digtal Download」が必要になります。シングルプレイヤーも遊びたい場合は、「Squadron 42 Digtal Download」が必要だという事に注意してください。

また購入後、ゲームパッケージの船などから、さらに高価な船に乗り換えたいという場合アップグレードと言うサービスが利用でき、これによって新たな船の代金を全額払わずに、元の船と引き換えに差額分だけを払う事で購入出来ます。(つまり迷ったらスターターパッケージを買っておけば間違いなしなのです。)

以上で説明はお終いです。ここまで読んでいただきありがとうございました。

最後に、Star Citizenはいろんな意味での仕様変更が多いので本ページは参考程度にお願いします。

また、必ずしも確定的な情報ではありませんので注意してください

リファレンス 編集

  1. Mustang Alphaのほうが船速が速く、武装が角度固定のAuroraより旋回の可能なMustangのほうが命中させるのが楽というのもあります。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki