FANDOM


概要 編集

ジャンプポイントはSTAR CITIZENの世界の中で一瞬で他星系に移動することを可能とするゲーム内メカニックです。[1][2]

この現象以外では光の速度を超える移動手段は存在せず、光の速度20%の速度に達することが出来るクオンタムエンジンを使ってさえも他星系に移動するためには何十年あるいは何百年かかってしまいます。現在ゲーム内に存在する全ての種族はジャンプポイント以外の手段で光の速度を超えた移動が可能となる技術を持っていないため、他星系に移動する際は全ての種族がこの現象を使用しています。

製品版で探索可能になる全ての星系はこの現象を通じて繋がっていますが、これが複数個ある星系もあれば一つしかない星系もあります。しかし、このネットワークで繋がっている星系はとても少ないと言われ、このような星系は実質航行不可となってしまいます。しかし、現時点ではジャンプポイントで繋がっているにも関わらず見つかっていない星系も多い状況です。そのため一攫千金を狙って様々な会社や個人団体が新たなジャンプポイントを辺境の星で探しています。

構造 編集

ジャンプポイントは主に二つのパーツで作られていると考えられています。一つがジャンプゲートと呼ばれるワームホールの両端に位置する普通時間軸上のパーツであり、もう一つがこの二つの地点を結ぶインタースペース、あるいはワープトンネルです。[3]

リファレンス 編集

  1. https://robertsspaceindustries.com/comm-link/transmission/13473-10-For-The-Chairman-Episode-4
  2. https://robertsspaceindustries.com/comm-link/spectrum-dispatch/12685-2271-One-Small-Jump-For-Man
  3. https://www.youtube.com/watch?v=phk-0zch1NI&ab_channel=StarCitizen

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki